オンライン展示会を開催するのにおすすめの制作会社をご紹介!口コミで評判の会社を徹底比較しました。

SoKoiruの口コミや評判

公開日:2021/04/01

【詳細】
会社名:株式会社リフラックス
住所:東京都渋谷区道玄坂 1-10-8 渋谷道玄坂東急ビル 1 階
TEL:050-5873-1057

オンライン展示会に参加したものの「人とのコミュニケーションが取りにくかった」「企業ごとに特徴がなく興味が湧かなかった」なんて思った方はいませんか?今回はそんな不満を解消するオンライン展示会サービス「SoKoiru」を紹介します。SoKoiruでは今までのオンライン展示会には無かったサービスや技術が多くあります。

オンラインでは不足しがちな臨場感をプラスできる

オンラインで行った展示会は需要が伸びている一方で、内容が無機質なものが多く自分の目当ての会社が終われば帰ってしまうなど、イベント自体の盛り上がりにかけ不満の声が上がりました。SoKoiruではオンライン展示会でもその場にいるかのような臨場感を味わえるよう工夫を凝らしたサービスを展開しています。

SoKoiruの基本機能

来場者が使える機能には、YouTubeLIVEの配信やZoom同士の会話、展示ブースごとに個別のチャットが可能であったり、ブース自体の装飾や加工が可能であったりと、本物の展示会を彷彿させるような仕組みが多く存在します。ブラウザの画面には来場している人のアバターが表示され、人の行き来や人気のブースなどを視覚的に確認することができます。

また目的以外のブースに訪れると新たなトレンドの発見や情報収集を行うことができ、双方のメリットが格段に高まる構造となっているのです。加えて個人チャットは共有コードを共有することで、取引先の方や複数人でも利用が可能になっています。もちろん他人に会話の内容は表示されません。さらに許可したメンバーしか利用できないというセキュリティの高さも主催者にとっては嬉しいですし、パソコンがあれば参加できる手軽さもSoKoiruの特徴と言えるでしょう。

質の高いデータを取得できる

SoKoiruの機能ではブースごとに「いいね」と来場者数が見えるようになっており、数値を簡単に把握することができます。来場者をある程度獲得することができれば、人気のブースだと感じる方が増え、より多くの方が流れ込んでくるでしょう。また来場者の会場の移動状況や閲覧の行動データを取得できるため、これらのデータをもとに分析をすれば今後の営業の道標となります。さらにSoKoiruでは来場者獲得を実現するために、マップを業種ごとに分類しより興味のある分野を探しやすくなる体制を整えています。加えてマップのビジュアルに変化をつけることや、ステージにゲストを呼びほかの企業との差別化を行うことが可能です。

専門スタッフによる充実のフォロー体制

SoKoiruは難しいソフトを必要としないので導入までの流れも簡単でスムーズです。専門のテクニカルサポーターがフォローしてくださるので、電子機器やアプリケーションが苦手な方でも使うことができます。ここからは導入の手順について解説していきます!

導入の手順

導入の手順の1つ目は、お問い合わせから要件や希望などを相談します。2つ目にSoKoiru側が予算の見積もりの提案をしてくださいますので双方で調整を行います。契約が済んだら3つ目に管理画面からデータの登録をします。この際、展示会の基本的な設定や、販売商品・商品説明の登録、会場マップのデザインの作成、ブースのデザインの決定など具体的な内容について決めていきます。ここまで行えばどなたでもSoKoiruでオンライン展示会を開催することができます。

よくある質問

新たな事業に手を出すのは不安が付きまといます。ここではSoKoiruでよくある質問をまとめてみました。まず「価格はどれくらいかかるか」についてです。SoKoiruは年間基本料金100万円+バーチャル会場費8万円の合計108万円が基本的な料金になっています。展示会の規模や出典ブースの量によって料金は左右するのでお見積もりの際によく検討すると良いでしょう。

次に「何を準備すれば良いか」という疑問についてです。個人ブースの作成において、ZoomやGoogle Meets、個別で使用するチャットの登録などが必要です。設定が分からない場合や不安なことがある場合はテクニカルサポーターの方に相談することをおすすめします。

次に「お申し込みから開催できるまでの期間」についてですが、目安として1〜1.5ヶ月になります。展示会の規模やデザインの作り込み次第では2〜3ヶ月ほどかかる場合もあり企業によってバラバラですので、一度問い合わせをしてみて確認してみるといいでしょう。

最後に「契約期間中に何回開催できるのか」という質問についてですが、結論SoKoiruは契約期間中であれば展示会を何回でも開催することができます。しかし、一回の展示会の開催期間は1ヶ月以内という条件があります。

 

今回はオンライン展示会「SoKoiru」について紹介しました。コロナ禍で大規模なイベントや展示会ができなくなってしまった今、臨場感を得られ正確なデータを取得できる手段としてオンライン展示会を活用してみるのもいいかもしれませんね。パソコンが苦手な方でもテクニカルサポーターの指導のもと使用できるのもSoKoiruの強みと言えるでしょう。オンライン展示会を検討されている方の参考になれば幸いです。SoKoiruが気になった方は、ぜひお問い合わせしてみてください。

おすすめオンライン(バーチャル)展示会制作会社5選

商品画像
商品名株式会社ビークスbravesoft株式会社合同会社DMM.com株式会社博展株式会社フジヤ
オンライン展示会ソリューションeventos[SHOWBOOTH]Think Experienceオンライン展示会
特徴企画デザインからサポートまで、トータルプロデュース!国内最大級の実績で、あらゆるイベントに対応DMM.comが提供するオンライン展示会プラットフォーム準備からアフターフォローまでワンストップで対応!ビジネス展示会において90余年の実績を持つ会社
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索