オンライン展示会を開催するのにおすすめの制作会社をご紹介!口コミで評判の会社を徹底比較しました。

オンライン展示会を開催する際に注意するべきポイントとは?

公開日:2022/07/15


近年のビジネスシーン、とくにBtoB企業などでは、オンライン展示会が積極的に取り入れられています。ただし、従来の会場型の展示会とは特性が異なる点も多いため、安易に採用しただけでは思うような成果が得られないこともあるでしょう。この記事ではオンライン展示会を検討する際に注意するべき点をわかりやすく解説します。

オンライン展示会とは?

オンライン展示会はバーチャル展示会とも呼ばれ、サーバー内に構築されたバーチャル空間に展示会場を設け、閲覧者はWebを通して参加します。最新のビジネスツールともいえますが、コロナ禍で従来の対面営業で制約を受けた企業が、苦肉の策として採用してきた側面も持っています。

物理的な制限を受けない

オンライン展示会は、バーチャル空間に商品を展示し、それらとリンクした商品説明のコンテンツを配置します。当然ながら空間的広さや、温度湿度、搬送や劣化といったあらゆる物理的制限から解放されるのが特徴です。コンテンツ作成に費用はかかるものの、スタッフの配置や会場の安全対策などに予算を割かずに済むので、プラットフォームなどを工夫してうまく企画すれば、低予算や少数スタッフでも開催することができます。

時間的な制限もほぼ受けない

オンライン展示会では、参加者側は24時間、自由に展示を見てまわることができます。また、主催者も参加者も、従来の展示会のように現地まで移動する必要がありません。商談に入って互いに連絡を取り合うようになるまでは、お互いに時間的な制約をほとんど受けないのも、従来の会場型展示会と大きく異なる特徴です。

ツール等の活用で広がる可能性

コンテンツには商品説明やウェビナー動画を連動させるなど、基本的なWebツールの活用はもちろん、VR機能などを活用すれば、安全対策や空間的な制限を気にせずに体験型のコンテンツも用意できます。さらに、たとえば一定時間自社コンテンツに滞在している参加者には、自動的にWeb商談がポップアップするようなギミックを組み込む等、発想しだいで新たな可能性に挑戦できるのも、オンライン展示会の魅力です。

オンライン展示会が抱えている課題

オンライン展示会にはたくさんの長所もあるものの、従来の対面式の展示会で当たり前にできたことができないなど、認識しておくべき課題もあります。オンライン展示会を検討する際は、そうした課題をどのようにフォローアップするかまで決めておくのが、成功へのポイントです。

受け身型の営業になりがち

特定のターゲット層に声をかける、スタッフを増やしてブースに呼び込むなど、会場型では当たり前にできていたプッシュ営業が難しくなります。ブランディングが主目的の展示なら問題はありませんが、販路拡大などを目指す場合はWeb商談への導入方法などを検討しておく必要があります。

データ解析で差がつきやすい

コンテンツ経由で資料請求のリードなどが多く獲得できたとしても、どの顧客から対応すべきかは難しい項目です。プラットフォームから得られたデータを活かし、検討確度の高いものを選別するなど、データの解析力が成果の差につながりやすくなっています。

オンライン展示会を開催する際に注意するべきポイント

うまく企画すれば、低予算や少人数でも大きな商機を獲得できるオンライン展示会ですが、前述のとおり、意識しておきたい課題があります。

目的や方向性の明確化

オンライン展示会では多様な表現ができるだけに、開催における自社の目的や方向性をはっきりさせておく必要があります。むやみやたらに企画するだけでは、思うような商機は得られません。

プラットフォームの吟味

プラットフォーム選びは最重要項目の1つです。自社の目的や方向性を決め、それにマッチするものを選ぶことができれば、それだけでオンライン展示会の成功率は上がります。

コンテンツの差別化

商談獲得よりもブランディングを重視したい場合などは、他社とは差別化されたオリジナルコンテンツを用意することも有効です。ある程度予算があるなら、アイデア次第で大きな成果につながるでしょう。

SNSツールの活用

オンライン展示会は、その特性上SNSツールなどと相性がよく、積極的な活用は集客の際に大きな差につながります。各種Webツールの運用に慣れた人材の育成などは最優先したい項目です。

フォローアップ体制を意識

オンライン展示会に変更したからといって、従来の営業手法をすべて変える必要はありません。獲得した問い合わせや商談を、いかに受注へとつなげていくかは、既存の営業力が試されます。オンライン展示会開催後のフォローアップを意識しておくことで、成果はかなり違ってきます。

 

オンライン展示会に関する基本情報や、成功させるために注意すべきポイントなどを解説しました。オンライン展示会はまだ比較的新しいビジネス分野です。最新のプラットフォーム情報などを定期的にチェックしておくことをおすすめします。

おすすめオンライン(バーチャル)展示会制作会社

商品画像
商品名株式会社ビークスbravesoft株式会社合同会社DMM.com株式会社博展株式会社フジヤ
オンライン展示会ソリューションeventos[SHOWBOOTH]Think Experienceオンライン展示会
特徴企画デザインからサポートまで、トータルプロデュース!国内最大級の実績で、あらゆるイベントに対応DMM.comが提供するオンライン展示会プラットフォーム準備からアフターフォローまでワンストップで対応!ビジネス展示会において90余年の実績を持つ会社
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索
記事一覧