オンライン展示会は意味ないもの?活用方法次第で得られるメリット

公開日:2021/03/01

感染症の流行により、リアルの場において展示会の開催は難しくなった現在では、WEB上での「オンライン展示会」が注目を集めています。しかし、オンライン展示会の新規導入に対して、懐疑的な意見もあるようです。そこで今回の記事では、オンライン展示会は意味がないと思われる理由や隠れたメリット、展示会を成功させるための要素を解説します。

オンライン展示会は意味がないと思われる理由

昨今の新型コロナウイルスの影響の中で、WEB上で集客可能なオンライン展示会は今後、新しいプラットフォームとなることが予想されます。ただし、現状では未だオンライン展示会の実現は困難で、「オンライン展示会は意味がない」と考えている企業もいるのが実情です。ここではオンライン展示会は意味がないと思われる理由を、いくつか解説していきます。

出展企業を募ることが難しい

展示会やイベントの形式は、大きく分けて2つの形があります。1つ目は主催者の企業が集客をするパターン、これはリアルでの展示会の形でした。2つ目は参加企業がそれぞれ集客をするパターン、これがオンライン展示会の形です。オンライン展示会では、集客や宣伝はすべて自社で行わなければなりません。それだけではなく、他企業の出店依頼や日時の確認も行う必要があります。何もノウハウがない企業にとって、こうした作業は困難をともなうでしょう。そのため、出店企業を募ることが難しいのです。

顧客のリスト管理が難しい

仮にオンライン展示会を開いても、顧客のリスト管理(サイトのシステム構築や顧客のアポ設定など)は難しいようです。顧客リストに関しても、企業間ですり合わせや共有が必要な場面もあるでしょう。煩雑な作業があるため、「オンライン展示会は行う意味がない」と考えられるのです。

オンライン展示会には隠れたメリットがある

オンライン展示会を上手に活用することで、成功させた事例もあるようです。さらにオンライン展示会には、通常の展示会にはないメリットが存在します。

新規リストの獲得

たとえば、リストが1万件あるとして、メルマガやセミナーを行ったとしてもリストの10%程度しか反応がないとします。反応が10%の場合だと、残りの9,000件は無駄になってしまうでしょう。このような無駄を解消し、新たなリストの獲得を期待できるのがオンライン展示会です。まず販促活動をしても反応がない理由に、自社のみで商品やサービスの価値を訴求している点が挙げられるでしょう。オンライン展示会では複数の企業が出展しているので、リストによっては比較検討できるメリットも生まれ、結果的に価値の認知度も上がります。また、オンラインでしか集客できないリスト(遠方からの来場者)の獲得にもつながるのです。

他の媒体でも取り上げられる可能性がある(PR力の向上)

オンライン展示会にはバックストーリーがあります。たとえば通常の展示会は定期的に開催されているので、表立って取り上げられる事はなかなかありません。一方、オンライン展示会はほとんどが新規導入のため、導入までの何かしらの背景があります。これがバックストーリーになるため、結果的に他の媒体でも取り上げられやすくなるでしょう。他の媒体にも取り上げられた結果、より多くの人々に自社が認知されるので、PRの拡大にもつながります。

社内の雰囲気を活発にする

オンライン展示会に成功すると、社内の雰囲気が活発になり、さらなる上昇効果をもたらすこともあります。たとえば、某化学メーカーではコロナ禍だからこそ、人々に有益な情報を発信したいという思いでオンライン展示会を施行しました。結果は大盛況で例年の倍以上の問い合わせがあったのです。ただし、変化はそれだけではなく、社内の雰囲気も変えてしまったのです。展示会を担当した部署について、他の部署からデジタルマーケットに関する相談が次々と舞い込んできたのです。その結果、その企業では100名規模の「マーケティング勉強会」を開き、社内のデジタル化を推し進めることとなりました。オンライン展示会が成功すると、結果的に情報化社会の波に追いつき、時代に即したビジネスができるようになるのです。

オンライン展示会には市場調査が大切

オンライン展示会で大切なのは市場調査です。マーケティングの原則の中には、「会社と顧客の双方に価値がなければならない」というコンセプトがあります。自社の製品やサービスの価値をいくら訴求しても、顧客が魅力的に感じなければ意味がありません。顧客が何に悩み、何を伝えたら価値を感じてもらえるかを考えるのが、オンライン展示会を成功させるためには不可欠な要素です。

 

ここまで、オンライン展示会は意味がない理由や、隠れたメリット、成功させるために重要な要素をお伝えしてきました。オンライン展示会は上手に活用すれば、通常の展示会以上の利益が期待できます。しかし、未経験の企業にとってはハードルが高く、足踏みしているのが現状です。まずはマーケティングの原理原則に立ち返り、顧客の求めるものや、何を伝えると価値を感じてもらえるかを考えた上でオンライン展示会を実施するのが重要だといえるでしょう。

おすすめオンライン(バーチャル)展示会制作会社5選

商品画像
商品名株式会社ビークスbravesoft株式会社合同会社DMM.com株式会社博展株式会社フジヤ
オンライン展示会ソリューションeventos[SHOWBOOTH]Think Experienceオンライン展示会
特徴企画デザインからサポートまで、トータルプロデュース!国内最大級の実績で、あらゆるイベントに対応DMM.comが提供するオンライン展示会プラットフォーム準備からアフターフォローまでワンストップで対応!ビジネス展示会において90余年の実績を持つ会社
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索