オンライン展示会を開催するのにおすすめの制作会社をご紹介!口コミで評判の会社を徹底比較しました。

オンライン展示会にアパレル業界が参加するメリット

公開日:2021/03/01

オンライン展示会は様々な業界にマッチしますが、とりわけ向いているのがアパレル業界です。なぜなら世界を相手に商売がしやすいという点で、アパレルとオンライン展示会は共通点があるからなのですが、従来の展示会と比べてデメリットも見られます。メリットとデメリットの両方を踏まえた上で、オンライン展示会を考えていきましょう。

アパレル業界が参加するメリット

世界に向けて発信できる以外のメリットは、コストカットや来場者のデータ活用です。もう少し具体的に見ていきましょう。

ブランド商品を世界に発信できる

アパレル業界において、ブランドの成長に欠かせないものは海外展開です。そのためにパリやニューヨークで展示会をおこなうのが常でしたが、状況は変化しつつあります。なぜならオンライン展示会の登場で、海外のバイヤーやショップオーナーとコンタクトを取るために、こちらから出向く必要がなくなったからです。

オンライン展示会のメリットの一つは、距離の壁がなくなることです。ブランドの展示会を開催する側はインターネット上でWebページを開設するだけです。これだけで世界中に、自身のブランドを発信することができるのです。

距離の壁がないオンライン展示会は、世界中のバイヤーやショップオーナーにもメリットがあります。彼らは自社・自店が生き残りのために、日夜面白いブランドを探していますが、興味をひかれたブランドを見つけたとしても、そのためだけに現地を訪れていては、時間とコストがどれだけあっても足りません。しかしオンライン展示会なら、来場する側はネット環境とスマホやPCなどの端末があれば事足りますから、時間・コストを消費することなく気軽にオンライン展示会に参加することができます。

コストをカットできる

前項でも少し述べましたが、海外でアパレルの展示会を開催するには大変なコストがかかります。国内での展示会とくらべると交通費、輸送費、宿泊費が段違いですし、世界中の各都市にいるバイヤーやショップオーナーとコンタクトを取ろうと思うなら、その分の費用が乗算でかかってくるのです。

しかし、オンライン展示会ならコストを大幅にカットできます。従来かかっていた交通費、輸送費、宿泊費はゼロですし、たった1回の開催で世界中のバイヤーとコンタクトが取れてしまいます。たしかにオンライン展示会のための、特設ページやプロモーション動画といった制作費はかかりますが、従来の展示会と比較すると大幅にコストをカットできることに気が付くでしょう。

来場者のデータを分析・蓄積できる

どのような人が訪れたかの分析がすぐにできるのが、オンライン展示会のメリットです。そしてアパレル業界ならではのメリットは、どのアイテムや動画が来場者の目をひいたかが一目瞭然となることです。今後のコレクションを考えたり、動画を作成したりするうえで大きなヒントになりますし、それらを蓄積させていけば、ブランドならではの手法やノウハウを構築することもできるでしょう。もちろん来場者のデータは、後日アプローチするのにも大いに役立ちます。

アパレル業界にとってのデメリット

メリットばかりのようなオンライン展示会ですが、もちろんデメリットもありますし、中にはアパレル業界ならではというものも見つかります。以下で詳しく見ていきましょう。

質感や着心地などを体感できない

大きなデメリットではありますが、考え方によっては克服できるものでもあります。たとえば質感を表現するのに、素材やアイテムが生産される現場の動画を流すのは有効な手段ですし、実際にたずさわっている方々と来場者とをチャットでつなぐのはオンライン展示会ならではです。そして興味を持ってくれた方だけにサンプルを送付すれば、効果的なプロモーションとなることでしょう。

ツールの用意が必要

従来の展示会とオンライン展示会では、用意するツールが異なります。前項でお話しした生産・製造現場の動画やサンプルなど、オンライン展示会ならではのツールが必要となるのです。一方で展示会がオンラインになっても変わらないツールもあるでしょう。たとえばカタログはオンライン展示会なら、PDF化やオンライン化することで印刷は不要と考えがちですが、印刷ならではの色・質感の表現など、長年積み上げてきた紙媒体のメリットも捨てがたいはずでしょう。こんな場合は、オンライン展示会にとらわれすぎることなく、従来通り紙のカタログは用意すべきといえます。

出店方法を確立させることが難しい

サンプルをどれくらい用意するか?紙のカタログをどうするか?など、オンライン展示会は始まったばかりですから何かと試行錯誤は多いことでしょう。しかも今のところ、絶対というものがないのがオンライン展示会です。最適な出展方法はブランドの数だけあり、それはブランドごと模索するしかないのです。このことをデメリットと考えるべきか、ノウハウが蓄積されていっていると考えるべきかは難しいところです。

 

言葉や理屈の入り込む余地が少ないアパレルは、世界に向けて発信しやすい業界です。それだけにオンライン展示会との相性は良いのです。とはいえ具体的な商談となった場合に、必須なのが言葉です。特にオンライン展示会では顔を合わせての商談と異なり、文字や画面越しとなってしまいます。そのことに備えて語学に通じているだけでなく、コミュニケーション能力に秀でたスタッフの抜擢や外注は考えておくべきでしょう。アパレル業界のオンライン展示会は、まだ発展途上のジャンルです。それだけに挑戦のしがいもありますよ。

おすすめオンライン(バーチャル)展示会制作会社

商品画像
商品名株式会社ビークスbravesoft株式会社合同会社DMM.com株式会社博展株式会社フジヤ
オンライン展示会ソリューションeventos[SHOWBOOTH]Think Experienceオンライン展示会
特徴企画デザインからサポートまで、トータルプロデュース!国内最大級の実績で、あらゆるイベントに対応DMM.comが提供するオンライン展示会プラットフォーム準備からアフターフォローまでワンストップで対応!ビジネス展示会において90余年の実績を持つ会社
詳細リンク

おすすめ関連記事

サイト内検索